沿革


:昭和44年 1月 神戸市長田区にて堀口鉄工所を設立
:昭和57年11月 神戸市西区に移転
:平成 7年 8月 真空機器及び部品の設計・製作・エンジニァリングを開始
:平成12年10月 理化学研究所殿と共同にて「イオンビーム遮断装置」
の特許を出願
:平成13年 4月 真空機器部門(HORIVAC)事業拡大に伴い玉津工場開設移転
:平成15年 2月 真空機器部門(HORIVAC)事業拡大に伴い岩岡工場開設移転
(玉津工場は閉鎖)
:平成16年 5月 堀口勝重 個人営業から有限会社 堀口鉄工所と
会社組織にして発足
:平成18年 3月 本社 機械工場部門及び真空機器部門(HORIVAC)事業拡大に
伴い、稲美工場開設、統合移転(岩岡工場は閉鎖)
本社は事務及び管理部門のみの業務
:平成19年 1月 稲美工場内に検査室を設ける。
検査部門の充実を図り、品質管理をより徹底する。